洗濯物の臭いの取り方!重曹が効果的!!

しっかり洗濯したはずなのに、洗濯物の臭いが取れていない事ってありませんか?日光に当てて紫外線消毒も出来ているはずなのに、なぜ?洗濯物の臭いの原因は何なのか、効果的な臭いの取り方が気になりますよね。

実は洗濯物の臭いには菌が関係しているのです。

最近は抗菌洗剤も多く出ていますが、重曹を使っても同じ効果が得られるのはご存知ですか?掃除で大活躍する万能な重曹!洗濯物の臭いも効果的に取ってくれます。

洗濯物の臭いを取る効果的な重曹の使い方をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

洗濯物の臭いの効果的な取り方には重曹が効く

洗濯物の臭い、気になりますよね。

特に室内干しをした時の生乾きの独特の臭い。

この臭いの元は濡れた状態の洗濯物に繁殖した雑菌です。

しかもこの雑菌はしぶとく繊維の間に入り込んでおり、洗濯して臭いが取れたつもりでも汗や雨に反応してまた臭いを発してしまうのです。

そんなやっかいな生乾きの臭いの効果的な取り方は重曹を使う事。

重曹には優れた消臭・殺菌効果があるので洗濯時に使用する事で雑菌の繁殖を防ぎ洗濯物の臭いを効果的に取ってくれるのです。

使い方は普段使用している洗剤に重曹を1カップ加えてください。

そこで気を付けるポイントがあります!重曹は水に溶けにくいので30度~40度のぬるま湯を使用しましょう。

先にぬるま湯で溶かした重曹を洗濯機に入れてもいいですね。

何度洗っても臭いが落ちないような手強い洗濯物は重曹水をつくり一晩漬け置きした後に通常通り洗濯機で洗濯してください。

重曹水の作り方は水200mlに対して小さじ1杯の重曹が目安です。

手強かった洗濯物の臭いも重曹の優れた消臭効果でスッキリしますよ。

【スポンサードリンク】

重曹を使った洗濯物の臭いの取り方の注意点

重曹は環境にも優しく人体にも無害なので安心して使えます。

洗濯機に洗剤と一緒に重曹を入れたり、重曹水に洗濯物を漬け置きしておくだけで臭いを取ってくれる手軽さがうれしいのですが、気をつけてほしい素材があるので覚えておいてください。

それはウールやシルクのデリケートな素材と麻やい草などの天然素材です。

重曹の細かい粒子がデリケートな素材の繊維の間に入り生地を傷めてしまうのです。

また、重曹を使うと麻やい草は変色してしまうので使用は控えましょう。

その点だけを注意すれば重曹を使った洗濯物の臭いの取り方は簡単ですね。

重曹を使えば臭いが取れる以外にこんな効果も!

重曹の優れた消臭効果で洗濯物の臭いが取れる事はわかりましたね。

洗濯に重曹を使うとその他にもたくさんのうれしい効能があるのです。

1.洗濯漕もきれいにしてくれる。

洗濯漕に発生した黒カビが洗濯物の臭いの原因の1つでもあるのですが、毎日重曹を使用して洗濯をすると黒カビの発生を防いでくれます。

どういう事かというと、重曹は弱アルカリ性の性質を持っているのに対して黒カビは弱アルカリの性質に耐性がありません。

洗濯漕を弱アルカリ性の水で満たす事により黒カビが繁殖できない環境にしてくれるのです。

わざわざ洗濯漕専用の洗剤を使用するより重曹を毎日使う事で臭いの元の黒カビを予防できるのはうれしいですね。

2.臭いの元の皮脂汚れを落としやすくしてくれる。

気になる襟や袖口の皮脂汚れも重曹を使えば粒子が細かい重曹が襟や袖口の繊維の奥まで入り込んで汚れを落としてくれます。

3.柔軟剤効果もある

すすぎの時に重曹をカップ2/3加えてください。

重曹は静電気を防ぐ働きもしてくれ、柔軟剤を使用しなくても十分に洗濯物をふっくらさせてくれます。

【スポンサードリンク】

まとめ

いかがだったでしょうか?重曹を洗濯に使えば消臭・殺菌作用や皮脂汚れにも効果的な事がわかりました。

おまけに柔軟剤効果や静電気の防止、洗濯漕の黒カビ防止効果もあるのがうれしいですね。気になる洗濯物の臭いの取り方で悩んでいるなら、重曹をぜひ試してみましょう。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

このページの先頭へ