コインランドリーって洗剤を持参するの?柔軟剤はどうするの?

645ce479aaa39899309416e55870aee1_s

コインランドリーを使用した事はありますか?家に洗濯機があればコインランドリーを使用する機会がないかもしれませんね。

コインランドリーへ足を踏み入れた事がなければどうやって機械を操作するのか、洗剤や柔軟剤は持参しないといけないのか?そもそも洗剤や柔軟剤で使えない物があるんじゃないないか等と考えたらキリがないですよね。

家庭の洗濯機で洗えばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、もし突然家の洗濯機が故障してしまったら?しかも、すぐ修理してもらえそうになかったり、新しい洗濯機を買いに行くとしても仕事が忙しい人ならすぐには買いに行けないでしょう。

こういう必要に迫られた時にコインランドリーを使う人もいる事と思います。

自宅の洗濯機では対応できない大物を洗いたいなど、コインランドリーを利用している人はいろんな理由がありそうですね。

コインランドリーを気軽に利用できるように洗剤や柔軟剤等を持参しないといけないのかや、利用するメリット・デメリットについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

コインランドリーに洗剤や柔軟剤は持参するものなの?

先に結論を言うと、洗剤や柔軟剤を持参する必要はありません

それは、コインランドリーの機械は洗剤と柔軟剤が自動で投入されるようになっているからで、実際に仕上がった洗濯物からは洗剤の良い香りがします。

しかし、注意してほしいのは日本各地の全てのコインランドリーの機械が、洗剤や柔軟剤を持参しなくていいタイプではありません。

古い機械なら自分で洗剤や柔軟剤を持参しないといけない場合もありますので、事前に利用するコインランドリーの機械のタイプを確認しておいた方が無難ですし、もし忘れてしまってもコインランドリー内に1回分の洗剤の自動販売機が設置してあるところもあります。

洗剤や柔軟剤は自動投入なので個人の好きな洗剤や柔軟剤を使用できないのは残念な気もしますが、乾燥機で乾かす時に好きな香りの柔軟剤シートを一緒に投入して香りづけする方法もあるようですね。

三井住友トラスト・カード

コインランドリーに置いてある機械の種類には洗濯機・乾燥機・洗濯乾燥機の3種類あるそうです。

利用する人の多くは布団やこたつ布団などの大物をコインランドリーの洗濯乾燥機を利用する事で家事の負担を減らしているようです。

家で布団などの大物を洗濯して干す事は重労働になるのでとてもいい考えだと思います。

また、雨が続いた時に利用する人も多いそうです。

家で洗濯後に室内干しするにもかび臭くなりがちで乾きも遅いですから、コインランドリーで乾燥までしてしまえば大量にたまった洗濯物も一度で乾燥までできてしまい便利ですよね。

【スポンサードリンク】

洗剤や柔軟剤を持参しなくていいだけじゃない!コインランドリーを利用するメリット・デメリット

先にも言いましたが、メリットは大物を洗濯・乾燥するのが楽という事です。

考えみてください。

家族分のシーツを家で洗濯・乾燥する時間と手間を。

家族が多いほど数回に分けて洗濯する時間がもったいないし、濡れて重い洗濯物をベランダまで運びそれを干すスペースがありますか?コインランドリーを利用すれば一度に洗濯・乾燥して後は綺麗にたたんで終了です。

仕事が忙しくて休日にシーツを洗濯しているとしたら、貴重な休日の時間を無駄にしてしまいます。

コインランドリーを利用する事で家事の短縮ができ、重労働から解放されるのです。

また、乾燥機を使用すると家で外干しするよりふわふわな仕上がりになりますのでとても気持ちいいですね。

ただ、シャツ類はシワになりやすいようなのでアイロンがけが必要になりそうです。

デメリットは洗濯物の量によりますが、一回の金額が高コストになります

具体的な金額を知りたい方もいらっしゃるかと思いますので、参考までに近所のコインランドリーの価格を載せておきます。

・縦型の洗濯機で洗濯のみ300円
ドラム式12キロで洗濯のみ600円(目安として毛布シングル4枚)
・乾燥10分100円
・洗濯+乾燥では1500円、温度も高・中・低が選べます。
・くつ専用200円
これは東京都にあるコインランドリーですので地域によって多少の差はあるかもしれません。

他にも誰がどんな物を洗ったのかわからない、とういうのも気になりますよね。

コインランドリーの洗濯機は洗濯を始める前に洗濯槽を掃除してくれますし、乾燥機は高温になるので30分も回せばダニもカビも死滅します。

【スポンサードリンク】

コインランドリーは洗剤や柔軟剤の持参が不要なので独身者や単身赴任者にもうれしい!

コインランドリーの利用者には独身者や単身赴任の男性もいる事と思います。

仕事が忙しくて夜間に利用する人もいるはずです。

利用するのは洗濯機を置くスペースがない物件に住んでいたり、夜間洗濯すると周りの家への騒音になるからという人もいるかもしれませんね。

家で洗濯するには洗剤や柔軟剤を自分で買いにいかないといけませんし、忙しいとうっかり買い忘れる事もあります。

買い忘れ防止のために大量にストックしようと買うのも重たいし場所をとります。

また、男性なら洗剤や柔軟剤の香りに特にこだわりがない人や、店で洗剤や柔軟剤をたくさんある中から選ぶのもめんどくさく感じる人もいるのではないでしょうか。

それならコインランドリーを利用すれば洗剤も柔軟剤も持参する必要がないのでめんどうな買い物をしなくてもいいですね。

まとめ

コインランドリーは一回の利用が高コストになりますが、それ以上に私達にうれしい便利で頼もしいところなんですね。

洗濯物だけ持ち込めば洗剤も柔軟剤も必要ないのであとは機械に任せて仕上がるまで本を読んだり自分の時間を過ごす事ができます。

近くにコインランドリーがあるなら使ってみる価値がありそうですね。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

このページの先頭へ