子供部屋はいつから必要?何歳くらいから?子供に個室は必要?

子供が成長するにつれて直面する問題は子供部屋をいつから与えるかですよね。

子供部屋は必要、何歳から子供部屋を与えるべき?

子供部屋はそもそも必要なの?

子供に子供部屋を与えるメリットとデメリットは何?

今回は、子供部屋はいつから、何歳くらいから必要なのか!子供に子供部屋を与えるメリットとデメリットを調べましたのでご覧ください!

【スポンサードリンク】

子供部屋はいつから必要?何歳くらいから必要?

子供部屋はいつから、何歳くらいから必要なのでしょうか?

調べてみたところ、子供が小学生へ上がるときにランドセルや机などを買いそろえて子供部屋も一緒に用意するというご家庭が一番多いということでした。

小学生に上がると、学校の勉強が始まり、宿題もあるので一人で集中できる子供部屋が必要だと感じている親が多いようです。

次に子供部屋を与える時期で多かったのが中学1年生です。

中学生になると、受験モードに入る必要があるし、思春期だから一人で考えたいこともあるだろうという意見で中学生の時期に子供部屋を用意する親も多いようです。

【スポンサードリンク】

子供に子供部屋は必要?

子供に子供部屋は必要なのでしょうか?

ここでは、子供部屋を持つメリットとデメリットを紹介したいと思います。

まずは、子供部屋が必要だというメリットから紹介します。

・片づける習慣を身につけることが出来る。
子供が子供部屋を持つことで、子ども自身が管理しなければならないという状況を必然的に作ることが出来ます。

低学年のうちは親が片づけ方を教える必要はありますが、徐々に子供が一人で片付けを出来るようになります。

・子供部屋をもつことで、自分の空間や時間を持てる。

子供も思春期が始まったり、親に叱られた後に一人で子供部屋にいることで、自分自身と向き合い「考える」時間を持つことが出来ます。

たしかに、子供は成長するにつれて物事に敏感になりますから、考え事も多いし、一人でじっくりと自分と向き合う時間や空間も必要かもしれませんね。

・子供が自己成長を認識できる。
子供部屋を与えられた子供は、自分だけの部屋、空間をもったような優越感と自己成長を認識できます。

子供部屋を持つと同時に部屋の管理や自分が大人に一歩近づいた気持ちになり、責任感が芽生え、親のお手伝いを進んで行うようになる子供も多く見受けられるそうです。

では、次に子供部屋をあまり必要と感じないデメリットを紹介します。

子供部屋を持つメリットも大きいですが、勿論デメリットもあります。

それは、子供部屋に自分の好きなものを持ち込めることです。

【スポンサードリンク】

ゲームを長時間やっても親に怒られない、勉強せずに他のことをしていても注意されない、など子供にとって都合の良い側面が多いです。

子供部屋が「誰にも邪魔されない自由な空間」となってしまい、ゲーム依存症や学力低下などにつながることも言われているようです。

また、家族間のコミュニケーションが必然的に減りますから、近年増加しているひきこもりや不登校児童のトラブルに繋がるともいわれています。

対策としては、子供部屋に持ち込めるものや時間などルールを作り、親が積極的に子供とコミュニケーションを図るよう工夫しなければいけませんね。

まとめ

いかがでしたか?

子供部屋を必要と感じている人がほとんどですが、メリットとデメリットを理解したうえで子供部屋を与えなければいけません。

一人の空間も大事ですが、家族の空間も大事にできるよう親が工夫する必要がありそうですね。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

このページの先頭へ